西宮市N様邸 塀旧塗膜撤去補修及び塗装工事

西宮市内の住宅街にあるN様邸の壁面塗装・シャッター塗装を行わせていただきました。

以前塗替えされてからかなりの年月が経つと、先ずは表面を手で触るとチョークが付いた様に手が白くなります。

その段階より経年劣化が進むと駆体と塗膜の肌別れが起きてしまいメクレが生じます。

その場合は旧塗膜を剥離し下地から復旧することになります。

風雨による浸食がありましたので塀の笠木は、ウレタン防水を施工しました。

外壁に関しては、出来るだけ10年前後でメンテナンスされる事をお勧めします。

今回は補修・補強工事を入れながら施工致しました。

シャッター等、鉄部塗装に関しては5年前後のメンテナンスが目安になります。

この度はオフィステンフィートをお選びくださいまして誠にありがとうございました。